クレジットカードの審査

クレジットカードの審査に一度落ちたら二度と申し込めない?審査落ちしたら空けるべき期間がある!

クレジットカードって、一度落ちたら二度と申し込めないの?

と疑問に思われている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

クレジットカードの審査に落ちたとしても、ある程度の期間を空けた上で、再チャレンジすることができます。

当記事では、クレジットカードの審査に落ちた後に、再チャレンジする上で重要なポイントの他、クレジットカードの審査に落ちてしまう主な理由や、クレジットカードの系統ごとの審査難易度についてもまとめています。

お目当てのクレジットカードの審査を突破できなかった方はもちろん、これからクレジットカードの審査に臨もうとお考えの方もぜひ、以下の内容を読み進めてみてくださいね。

クレジットカードの審査に一度落ちたら半年の期間は空けよう!

クレジットカードの審査に一度落ちた場合、再チャレンジすることはできますが、最低でも半年の期間を設ける必要があります。

なぜなら、あなたの個人情報が詰まっている信用情報機関においては、クレジットカードの申し込み履歴に関する情報が、半年間保管されているためです。

  • クレジットカードの審査に一度落ちても再チャレンジは可能
  • 再チャレンジするまでには半年以上の期間を空ける必要がある

つまり、半年が経過すれば、申し込み履歴は綺麗に消えるというわけ。

これならフレッシュな気持ちで再度、意中のクレジットカードの審査にチャレンジすることができますね。

半年以内に再度申し込みしても、結果は同じ

半年以内に再度チャレンジした場合はどうなるの?

と思われる方もいるかもしれませんが、半年以内に再度申し込みしても、おそらく結果は同じです。やはり大人しく、最低でも半年の期間を空けるべきと言えますね。

もちろん、この半年間を何も考えずにただ過ごすのは非常にもったいない。コツコツとクレヒスを構築するなど、できることはいくらでもあります。

  • 半年以内に再度申し込みしても結果は同じ
  • 半年の間にクレヒスを構築するなど、次の審査までにできることはやっておく

具体的な対策については、当記事の後半で解説していきます。こちらの内容にもぜひ、目を通しておいてくださいね。

1つのクレジットカードが落ちても別のカード会社を申し込むのは問題ナシ!

1つのクレジットカードの審査で落ちたとしても、別のカード会社のクレジットカードにエントリーすることは基本的に問題ありません。

他に気になっているカードがある方は、積極的にチャレンジしてみても良いでしょう。

ただし、クレジットカードの審査に落ちたという事実は、別のカード会社でも把握できる情報です。

  • 1つのクレジットカードの審査で落ちたとしても、別のカード会社のクレジットカードにエントリーするのは問題なし
  • クレジットカードの審査に落ちたという事実は、別のカード会社でも把握できる情報

そもそも、クレジットカード会社は各信用情報機関と提携しています。したがって、信用情報機関に残る情報については、全てのカード会社に筒抜けと思っておくのがベターですね。

審査に通過する可能性を高めたい方は、半年の期間を空けた方が無難

1つのクレジットカードの審査で落ちても、別のカード会社ならうまくいく可能性もあります。

しかし前述した通り、他社の審査で落ちたという事実は他の会社でも把握できるため、これが審査に悪影響を及ぼす可能性もあります。

  • 1つのクレジットカードの審査で落ちても、別のカード会社ならうまくいく可能性もある
  • 他社の審査で落ちていることが、審査に悪影響を及ぼす可能性もある

したがって、可能な限り審査に通過する可能性を高めたい方はやはり、半年の期間を空けた方が無難と言えるでしょう。

クレジットカードの審査落ちする主な理由|思い当たる節があれば対策してから再審査へ!

そもそも、なんでクレジットカードの審査に落ちてしまったのかわからない!

審査落ちしてしまった理由が知りたい!

このように腑に落ちない方もいるのではないでしょうか。

そこでここでは、クレジットカードの審査に落ちてしまう主な理由について、以下の項目を挙げながら解説を進めていきたいと思います。

  • 信用情報が構築できていない
  • ブラックリスト入りしている
  • 他社からの借り入れが多い
  • 虚偽の記載がある
  • 審査基準が厳しいカードや系統

クレジットカード会社に問い合わせても、審査落ちの理由は教えてもらえませんが、ある程度予測は立てられますし、対策をすることも可能ですよ。

以下、それぞれの理由について、もう少し深掘りしていきましょう。

信用情報が構築できていない

クレジットカード会社は信用情報機関に登録されている個人情報を参考に、審査を進めていきます。

つまり、信用情報が十分に構築できていないと、いくら年収が高くて大企業に勤めていても、審査をクリアするのは難しいと言えます。

ちなみに信用情報は、クレジットカードやカードローンの支払いの他、携帯電話料金の分割払いでも構築できます。

逆にこれらを一切していないと、全く信用情報が残らず、クレジットカードや各種ローンの審査は圧倒的に不利になってしまうのです。

  • 信用情報が十分に構築できていないと、審査をクリアするのは難しい
  • 信用情報は、クレジットカードやカードローンの支払いの他、携帯電話料金の分割払いでも構築できる

ちなみに、ある程度年齢を重ねているにもかかわらず、全く信用情報が構築されていない状態をスーパーホワイトと呼びます。

スーパーホワイトのままでいると、どんどん審査を通過するのが難しくなる一方です。できるだけ早い段階で、クレヒスの構築に向けて一歩を踏み出しましょう。

クレジットカードの審査について更に詳しく知りたい方は『【クレジットカードの審査】基準から流れ、審査落ちしない為のチェックポイントを解説!』の記事も合わせて参考にしてみてください。

ブラックリスト入りしている

債務整理や自己破産、強制解約などがあった方は、その履歴が信用情報機関に登録され、5年〜10年程度ブラックリスト入りしてしまいます。

この期間は原則、どのクレジットカードにエントリーしても、審査を通過することはできません。

ちなみに複数にわたる支払い遅延や、3ヶ月以上の延滞などがあった場合も、ブラックリストに入ってしまう恐れがあるため、注意が必要です。

自分の信用情報がどういう状態かわからない!

という方は以下の信用情報機関でご自身の情報を開示してみましょう。

CICやJICCであれば、スマホ一台で簡単に信用情報を開示することができますよ。

他社からの借り入れが多い

ブラックリストには入っていなくても、他社からの借り入れが多い方は、それを理由に審査落ちしてしまう可能性があります。

他社からの借り入れがある方は、以下の2つの項目に注意を払っておきましょう。

  • 借り入れ額
  • 借り入れ件数

もちろん、それぞれの項目において、数値を限りなくゼロに近づけることが理想的なのは言うまでもありません。

虚偽の記載がある

嘘はダメだとわかっていても、ついつい自分をよく見せようとして、以下の項目で虚偽の記載をしてしまう方がいます。

  • 年収
  • 他社からの借り入れ額
  • 他社からの借り入れ件数

残念ながら、仮にあなたがいくら上手に誤魔化そうとしても、全てはお見通しです。

前述した通り、クレジットカード会社は信用情報機関と提携しているため、虚偽の記載は無意味どころか、むしろあなたの信用を失墜させます。

クレジットカードにエントリーするのであれば、嘘偽りなく、正直にご自身の個人情報を伝え、正々堂々と審査に臨みましょう。

審査基準が厳しいカードや系統

クレヒスや属性などに大きな問題がないにもかかわらず、審査に通過できない理由があるとすれば、審査基準が特に厳しいカードや系統にエントリーしていたことが原因として考えられます。

クレジットカードには以下の通り、様々な系統があり、外資系や銀行系は特に審査のハードルが高いとされています。

  • 外資系
  • 銀行系
  • 信販系
  • 流通系
  • 交通系
  • 消費者金融系

たとえば、銀行系で言うと三井住友カードや三菱UFJニコスなどがありますが、これらのカードにエントリーするよりも、消費者金融系であるアコムのACマスターカードの方が、審査をクリアできる可能性は高いというわけです。

また、年会費無料で作成しやすい一般カードよりも、ゴールドカードやプラチナカードといったステータスカードの方が、当然審査は厳しくなります。

どうしてもステータスの高いカードじゃないとダメ!

というこだわりがあるなら別ですが、そうでない方は他の系統のクレジットカードに目を向けてみると良いでしょう。

クレジットカードの多重申込みには気をつけよう!

気になるクレジットカードがたくさんある!

複数のカードを上手に使いこなしたい!

このようにお考えの方に注意していただきたいのが、クレジットカードの多重申し込みです。多重申し込みとは、短期間のうちに多数のクレジットカードを発行することを指します。

それの何が悪いの?

と思われる方もいることでしょうから、ここではクレジットカードの多重申し込みについて、そのリスクと対策法を解説していきますよ。

多重申し込みで申し込みブラックになってしまう

多重申し込みの何が怖いかと言うと、申し込みブラックの状態になってしまうことです。

言うまでもなく、申し込みブラックだとありとあらゆるクレジットカードの審査に通過できなくなってしまうため、最低でも半年間は新たにカードを作ることができません。

そもそも、多重申し込みがなぜ悪いかについてですが、クレジットカード会社からすると、短期間でたくさんのクレジットカードを申し込みする人に対し、以下のようなイメージを抱いてしまうのです。

  • 相当お金のやりくりに困っているのではないか
  • 単にクレジットカードの入会特典目当てではないか

したがって、複数のクレジットカードに関心がある方は、できるだけ間隔を空けながら、お目当てのカードを揃えていくのが重要と言えるでしょう。

申し込みブラックを避ける方法

申し込みブラックを避ける為に意識していただきたいポイントは以下の2点です。

  • 申し込みするカードは、多くても半年以内に3枚までに留めておく
  • 一度に申し込みするカードは、多くても2枚までに留めておく

こちらはあくまでも目安ですが、この基準を持ってクレジットカードの発行を進めていけば、特に大きな問題に発展することもないでしょう。

クレジットカードの多重申込みについては『クレジットカードの多重申込みは申込みブラックになる可能性も!気をつけたい申込み方法』の記事でより詳しく解説しています。

プラチナカード等のステータスカード狙いなら下位カードからクレヒスを積み上げよう!

どうせ持つならステータスカードが良い!

憧れのプラチナカードをいつかは持ってみたい!

このように思われている方は少なくないと思います。ところが先ほども述べた通り、プラチナカードなどのステータスカードは、比較的審査が厳しいという面があります。

ホイホイと簡単に審査をクリアできれば苦労はしないですが、なかなかそう上手くいかないこともありますよね。

そこで提案したいのが、プラチナカードなどのステータスカード狙いの方は、まずは下位カードからスタートするという方法です。

どういうこと?」と少しでも疑問に思われた方はぜひ、以下の内容もチェックしてみてくださいね。

コツコツとクレヒスを積み上げればインビテーションを受けられる

そもそも、クレジットカードの作成方法としては、大きく以下の2通りがあります。

  • 自己申し込みで作成する
  • インビテーションを受けて作成する

インビテーションとは、クレジットカード会社から案内を受けて、上位カードにランクアップすることを指します。

よりランクの高いカードへの招待を受けると、何だかカード会社から認められた気がして嬉しいですよね。

提携カードからプロパーへの昇格はできない

インビテーションを狙う際に注意したいのが、プロパーならプロパー、提携なら提携カードの上位カードにしか昇格できないということです。

たとえば、アメックス・プラチナを将来的に作成したいと思うのであれば、同じくプロパーカードであるアメックス・グリーンや、アメックス・ゴールドを発行する必要があります。

一方で、提携カードの上位カードを狙う場合は、その提携カードの下位カードを発行するのがスタートラインとなります。

もちろん、ただ単に下位カードを利用しているだけでは、なかなかインビテーションをもらうことはできません。

毎月の支払いに遅延しないことは言うまでもなく、様々なシーンで積極的に下位カードを愛用することで、カード会社にアピールをしていきましょう。

まとめ|一度落ちても半年後に再申し込み可能!

クレジットカードは一度審査に落ちたら終わりということではなく、半年後に再度チャレンジすることができます。

せっかく改めて審査に臨むのですから、以下の項目について入念にチェックしていただき、万全を期してエントリーしましょう。

  • 信用情報が構築しておく
  • 他社からの借り入れを限りなくゼロに近づける
  • 虚偽の記載をしない

どうしても審査に自信を持てない方は、比較的審査が厳しい外資系や銀行系のカードは避け、年会費無料の一般カードを狙うのがおすすめです。

仮に一般カードからスタートしたとしても、コツコツと地道にクレヒスを積み重ねていけば、ゴールドカードやプラチナカードへのインビテーションが届くかもしれませんよ。

このカードの口コミ・評価・レビュー

関連記事
no image クレジットカードの審査

任意整理後や自己破産後にクレジットカードの審査は通る?チェックしておきたい年数と審査のコツ

2019年12月23日
クレジットカードの口コミ・評判から見るおすすめランキング|クレコミ
「任意整理や自己破産をした後でも、クレジットカードの審査は通るの?」 このようなことが気になっている方もいるのではないでしょうか。  …
no image クレジットカードの審査

クレヒスとは?カードの審査に影響するクレジットヒストリーの作り方

2019年12月30日
クレジットカードの口コミ・評判から見るおすすめランキング|クレコミ
「最近よく耳にするクレジットヒストリーやクレヒスって何?」 と気になっている方もいるのではないでしょうか。 クレヒスとは、クレジ …
no image クレジットカードの審査

スーパーホワイトとは?クレジットカードやローンを申し込む前に知っておきたいこと

2019年12月30日
クレジットカードの口コミ・評判から見るおすすめランキング|クレコミ
「スーパーホワイトって何?」 「クレジットカードやローンの審査に関係あるの?」 このような疑問をお持ちの方もいることでしょう。  …