クレジットカードの多重申込みは申込みブラックになる可能性も!気をつけたい申込み方法

クレジットカードの多重申込みって良くないの?

申込みブラックになるって本当?

このように思われている方もいるかもしれませんね。

結論からいうと、クレジットカードの多重申込みによって、申込みブラックの状態になってしまう可能性もあります。

一体多重申込みの何が悪いの?

と言いたくなりますが、当記事では、この多重申込みの内容とリスクについて解説を進めていきたいと思います。

数枚のクレジットカードを同時に申込みしようとお考えの方はぜひ、エントリーする前にこちらの内容をご覧になってください。

クレジットカードの多重申込みとは?|申込み履歴は残る

そもそもクレジットカードの多重申込みとは、短期間の間で何枚もクレジットカードを申込みすることを言います。

え?何回か分けて申込みすれば、多重申込みは避けられると思ってた!

と勘違いされていた方もいるのではないでしょうか。

つまり、複数枚のクレジットカードを発行したいのであれば、ある程度期間を空けなければいけないということです。

多重申込みは信用情報機関に申込み履歴が残る

信用情報機関に履歴が残ってしまうのは、何も支払い遅延や貸し倒れだけではありません。

意外かもしれませんが、多重申込みをすることによっても、信用情報機関にその履歴は残されてしまうのです。

ここまでをまとめると、多重申込みに関しては以下のことが言えます。

  • 短期間で何枚もクレジットカードを申込みすることを多重申込みという
  • 多重申込みは信用情報機関に履歴が残る

人によっては、これらの事実を知らずに、つい複数のクレジットカードに手を伸ばしてしまった方もいることでしょう。

クレジットカードの多重申込みはリスクが大きい

多重申込みって、具体的に何が悪いの?」と疑問に思われている方もいるのではないでしょうか。

クレジットカード会社からすると、多重申込みの履歴がある申込者に対しては、貸し倒れのリスクをイメージしてしまうなど、あまり良い印象は抱かないものなのです。

ここでは、多重申込みとそのリスクについて、以下の項目を挙げながら解説を進めていきたいと思います。

  • 多重申込みが良くない理由
  • 多重申込みによって起こりうるリスク

こちらの内容をご理解いただければ、これまで以上に多重申込みについて慎重になることでしょう。

多重申込みが良くない理由

多重申込みが良くない理由ですが、クレジットカード会社から良くないイメージを持たれてしまう可能性があるためです。

  • 貸し倒れのリスクが大きいのでは?
  • お金に困っている人なのでは?
  • 単に、クレジットカードの入会キャンペーン目当てなのでは?

もちろん、申込者本人からすれば、「そんなことはない!」と主張したくなるところなのですが、実際のところが見えないカード会社からするとやはり、審査が厳しくなってしまう要因となるのでしょう。

多重申込みによって起こりうるリスク

多重申込みをしてしまうと、以下のようなリスクがあります。

  • 信用情報機関に多重申込みの履歴が残る
  • 主にCICがその履歴をチェックしている

信用情報機関にはいくつか機関がありますが、大半はCICが多重申込みの履歴をきちんと把握しています。

つまり、今後以下のような審査が圧倒的に不利になってしまうということです。

えー!車や家が買えなくなる!

と思われた方もいるかもしれませんね。

多重申込みによって、一度申込みブラック入りしてしまうと、半年間はその履歴が残されてしまいます。この点を踏まえた上で、クレジットカードの申込みを進めるべきでしょう。

クレジットカードの審査についてもっと知っておきたい方は『【クレジットカードの審査】基準から流れ、審査落ちしない為のチェックポイントを解説!』の記事も合わせて参考にしてみてください。

一度に大量に作る申込みブラックを避けるために空けたい期間は半年!

じゃあどれくらいの期間をあけてクレジットカードを作れば良いの?

という声が飛んできそうですね。

申込みブラックを避けために空けたい期間は半年間です。

換言すれば、この半年という期間を上手に空けながらであれば、何枚でもクレジットカードを作成することができるのです。

要はタイミングが重要ということですね。

クレジットカードの申込み履歴は信用情報機関に半年間保管される

そもそもなぜ、半年間の期間を空ける必要があるかというと、クレジットカードの申込み履歴は、信用情報機関に半年間保管されるためです。

クレジットカード会社は信用情報機関と提携しているため、カード会社は簡単にあなたの信用情報を手に取ることができます。

  • クレジットカードの申込み履歴は信用情報機関に半年間保管される
  • クレジットカード会社は信用情報機関と提携している

以上を踏まえると、複数枚のクレジットカードを作成したいのであれば、半年以上の空白を設けつつ、優先順位の高いカードから作成していくと良いですね。

同じクレジットカードの審査に再チャレンジしたいと思っているなら『クレジットカードの審査に一度落ちたら二度と申し込めない?審査落ちしたら空けるべき期間がある!』の記事も合わせて参考にしてみてください。

あなたの信用情報のチェックポイントを解説していますよ。

クレジットカードの多重申込みは何枚からアウト?

半年間って、焦れったいなぁ。ちなみに多重申込みは何枚からアウトなの?」と気になっている方もいることでしょう。

こちらに関してですが、厳密に○枚からアウトと公表されているわけではありませんし、都市伝説という噂があるのも事実です。

この点を踏まえた上で、クレジットカードの多重申込みが何枚からアウトなのかについて、考察を加えていきたいと思います。

申込みブラックを避けるためには多くても3枚までが目安

あくまでも目安ではありますが、申込みブラックを避けるためには、多くても半年で3枚までに留めておくのがベターです。

この計算でいくと、1年間で多くても6枚程度までということになりますね。

  • 申込みブラックを避けるためには、多くても半年で3枚までに留めておく

短期間でたくさんのクレジットカードを作成したいという気持ちはわかりますが、クレジットカードのエントリー時に、カード会社から良いイメージを持ってもらえなければ本末転倒ですよ。

同時申込みの場合は2枚までに留めておく

こちらも目安として参考にしていただきたいのですが、複数のクレジットカードを同時に申込みするのであれば、せいぜい2枚までに留めておくのが安心です。

所有したいクレジットカードがたくさんある方は、その中からまず、特に気になる2枚を厳選しましょう。

ここまでをまとめると、申込みブラックを避けるために配慮したいポイントは以下の通りです。

  • 多くても半年間に3枚まで
  • 多くても一度に2枚まで

上記のルールを守った上でクレジットカードの作成を進めていれば、多重申込みでブラック入りする心配はないでしょう。

クレジットカードの審査で気をつけたいポイント

ここまでは、クレジットカードの多重申込みについて記載してきましたが、ここからはクレジットカードの審査で気をつけたいポイントもまとめておきたいと思います。

そもそも、クレジットカードの審査に通過するだけのスペックを備えていなければ、話は始まらないですよね。

クレジットカードの審査で気をつけたいポイントは以下の通りです。

  • クレヒスの状態を美しく保つ
  • 虚偽の申請をしない

以下、それぞれの項目について、もう少し深掘りしていきましょう。

クレヒスの状態を美しく保つ

いくら大企業に勤めていて年収が高くても、クレヒスに大きな傷が残っている状態だと、どんなクレジットカードでも審査が厳しくなってしまうのは当然のことです。

具体的には、以下のような行動がクレヒスに残されてしまうため、特に注意をしておきましょう。

  • 支払いの遅延
  • 他社からの借り入れ
  • クレジットカードの多重申込み

ちなみに、支払いの遅延に関しては、クレジットカードやカードローンの他、携帯電話料金の分割払いも含まれます。要は、どんな支払いについても遅延を避けるべきだということですね。

虚偽の申請をしない

クレジットカードにエントリーする際、個人情報や勤め先の情報などを申請する必要がありますが、ここで以下のような項目について、虚偽の申請をしてしまう方がいます。

  • 年収
  • 他社からの借り入れ状況

あなたがクレジットカード会社の立場になってみればわかると思いますが、嘘をつく人に対して、クレジットカードを提供することはできないですよね。

本記事でもお伝えしている通り、クレジットカード会社は信用情報機関と提携しており、あなたの個人情報は筒抜けであることを忘れてはいけません。

あなたがどんな状況であろうと、クレジットカードを作成すると決めたのであれば、ありのままの事実を伝え、正々堂々と審査に臨みましょう。

多重申込みには気をつけよう!

クレジットカードの多重申込みは、申込みブラックになる可能性もあります。

厳密に何枚からが多重申込みとして引っかかってしまうのかは公表されていませんが、複数枚のクレジットカードを作成する際には、以下のポイントを参考にしていただくと良いでしょう。

  • 多くても半年で3枚までに留めておく
  • 多くても一度に申込みするのは2枚までに留めておく

世の中には魅力的なクレジットカードが多数存在しますから、色んなカードに手を出したい気持ちはわかりますが、焦らず着実に、優先順位の高いカードからエントリーしていってくださいね。

このカードの口コミ・評価・レビュー